何と渋滞中に若い女の子が「おしっこ!」2014.03.26. // 未分類

去年の正月に彼女を連れて実家に帰った時の話です。

両親に彼女を紹介できて、かなり上機嫌に東京への帰路に経ったのですが、
雪が降った事もあって花園インターあたりから酷い渋滞になり、
高速が全く動かなくなってしまったのでした。

まだ仕事始めまでは三日ほど休みがあったので、
私は「まあ、ゆっくり帰ろうよ」と余裕綽々でいたのですが、
彼女の様子がどうもおかしく、気分でも悪いのかと聞いてみると、
どうやらトイレに行きたい様子。
自然渋滞ではなく、どうも事故渋滞のようで全く車が動かないので、
私はとても困ってしまいました。

携帯用トイレをいつも積んでいるのですが、
今回に限っては在庫切れでどうしようもありません。
もう限界と察した私は、ちょっとした中央分離帯の陰を見つけて、
そこに彼女をコッソリと連れ出して、何とか用を足させてあげることができたのでした。

正月から結構な波乱な出来事でした。

車を売るならこちらのサイト

かつてない大渋滞で経験したこと2014.02.26. // 未分類

車を運転していて渋滞に巻き込まれるという経験は何度かしたこともありますし、珍しい事では無いのですが、
私はある時高速道路で大渋滞に巻き込まれてその経験で本当に大変だったことを今でも覚えています。

高速道路では渋滞に巻き込まれてもある程度はちょろちょろと動くものですが、
その時はピクリとも動かず、どうしようもない状態でした。
10分や20分ではなく1時間ちかくその場から全く動かないこともありました。
またちょっと動いたとしても本当に歩いた方が早いのではないかというぐらいの速度です。

そこで大渋滞に巻き込まれて1番どうしようかと思った事は子供がトイレに行きたいといったことでした。
こればかりは我慢しなさいと言ったとて次のサービスエリアまでいつつくか分からないので本当にまいりました。
ところが道路脇を見ると子供たちがトイレをしているのが見えました。
やはり男の子たちは我慢ができず道路脇でトイレをしていたようでした。
ですので逆に大渋滞なったおかげでわが子も外でトイレをすることができました。

実際に次のサービスエリアまで3時間かかりました。
その時は私も妻も本当にトイレがいきたくて仕方がありませんでした。
大渋滞だけは本当に嫌だなとその時感じたのです。

アルファードを査定するには?
マーチを値引きする

免許を取って早速、友人の車でドライブをしました2014.02.21. // 未分類

私は免許を取った時は自宅の車は保険の年齢制限があるので運転はさせてもらえなかったのですが、
年上の友人が乗っている高級セダンは保険も高い18歳からでも適応をしていたので、広い幹線道路を走ることだけを条件に運転させてもらうことにしました。
いつもその友人にはゲームや漫画を貸してあげていたのでさすがに、頼んでストレートにはノートは言えなかったのですがためらいがあったので条件付でしたが嬉しくなって運転をしました。
交代したコンビニから発信せて道路に出ようとした所、いつものようにアクセルを踏みました。

クルマをウッテミヨウ
しかし高級車は教習者とは違い馬力があるので同じ感覚でアクセルを踏んだので、その瞬間かなり加速して車がかなり走っている最中の幹線道路に突っ込みそうになりました。
友人がやばいって大きな声で怒鳴ったのでブレーキを踏んで道路を少しはみ出て停止したのですが、走っている車にクラクションを鳴らされてしまいました。

友人と真冬に夏タイヤで青森ドライブ2014.02.15. // 未分類

友人と二人で20歳のころに、年末に青森まで夏タイヤでドライブしました。
危ないので止めるようにという周囲の説得もあったのですが、
好奇心旺盛な若者でしたので、なんとかなるだろうと思い、青森に住んでいる友達に会いに行きました。

東北道をひたすら夜中に走って、青森市内に入るとさすがに雪がたくさんあって緊張しましたが、
道には雪がなかったために、問題はありませんでした。
そして久しぶりの友との再会を楽しみ、海を見たり、
おいしいラーメンを食べたり、すべてがとても新鮮でした。

次の日は朝から雪で道はアイスバーンになっていて、見るからに凍っている感じでした。
友人はチェーンを買ってつけたほうが良いといいましたが、面倒くさいと思った私はそれを断り、
それでもゆっくり走れば大丈夫と言い聞かせ、青森市内の移動もなんとかすることができました。

最終的に事故もなく夏タイヤで青森まで、初めての長距離のドライブを楽しみました。

バイク買取の相場はこちら⇒

Hello world!2014.02.11. // 未分類

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !